伝統芸能を携えて全国各地を巡る旅日記

伝統芸能を上演する民族歌舞団「花こま」の活動をお知らせいたします!

ありのままの子ども本来の姿〔岡山県津山市〕

学童保育の夏祭りにお邪魔しました。やっぱりいいですね!何がいいかと言いますと、規律正しく、真面目に学校生活を送っている皆さん方も、一旦学校を離れると、やんちゃで自由気まま、学童指導員のいう事など、どこ吹く風のお友達。そんな姿がとても子どもらしくて、最近こういう雰囲気の中で公演をしてなかったものですから、とても嬉しく公演させて頂きました。ましてや、学童指導員、保護者の皆さんからの絶大なる感謝のお言葉に、こちらがビックリするくらいでした!子ども達も含めて皆さんとても良かったみたいで、目に涙をためて見送って下さる姿にこちらが感動して、帰途に就いたのでした。

演目:八丈島太鼓、南京玉すだれ、寿獅子、花笠踊り、海は広いな、そーらん節

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190722225620j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190722225636j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190722225658j:plain

 

祭りを通したコミュニケーション〔兵庫県姫路市〕

今年4月、新事務所に引っ越したところ、移転先の地元自治会から夏祭りへの出演を依頼され、今回伺いました。これまでの事務所は都市部という事もあり、祭り自体がなく、そんな行事を通して地元自治会とお付き合いするきっかけがありませんでした。ところが、郊外に行けば、それぞれの地域に神社があり、祭りという行事で住民の皆さんの交流が図られています。この日も、子ども会が中心となって、盛大に夏祭りが行われていました。引っ越しをしてきた私達のお披露目という事もあり、「こまの会」や「輪の風未来」、「太鼓チームレッド」の皆さんと一緒に、祭りを盛り上げる一役を担いました。自治会にとっても初めての試みでしたが、会場に来られた皆さんの楽しそうな表情、人数の多さに自治会長さんはじめ役員の方々に、大いに喜んで頂きました。

演目:水口囃子、寿獅子、そーらん節

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190718095024j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190718095043j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190718095058j:plain

 

世界平和も夢ではない!(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県太子町〕

余程、可愛かったんでしょう!今日、猿まわしを見てくれたひとりの子どもさんが、どうしてもお猿さんに「バナナ」と「お茶」をあげたいとお母さんにせがみ、公演後、早速近くのお店で買い求め、帰り支度をしているお猿さんにわざわざ届けてくれました。園から頂く事はありましたが、こういうエピソードは初めてでした。色んな動物を育ててみたい、色んな植物を栽培してみたい、これらは人間が持っている本能なのでしょうか?可愛い猫や犬を見ると思わず飼って見たいという衝動に駆られますものね。こういう気持ちを膨らませていけば、きっと世界平和も夢ではないんじゃないでしょうか。

演目:水口囃子、そーらん節、南京玉すだれ、猿まわし、寿獅子

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190712193959j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190712194015j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190712194031j:plain

 

どうしてくれるの!(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県神戸市〕

今年も「和太鼓」と「南京玉すだれ」に挑戦して頂きました!どうやら、新任先生の登竜門となってしまいました!そういう訳で始めたのではないのですが、どうもタイミングと言いますか、自然の流れと言いますか、園の雰囲気でそうなってしまいました!でも、保育士さんというのは、何で器用で、観察力、勘が鋭いんでしょうね!何故こうもいとも簡単にやりこなしてしまうものなのでしょうか?誰か本当に花こまに入りませんか?片や、園児の皆さんは、待ちに待ったお猿に堪能し、大喜びだったのに、最後の獅子舞でてんやわんやの大騒動!「どうしてくれるの!」と園児の皆さんに怒られそうです!怖い獅子舞の後には、きっと「無病息災」が待っていますからね!

演目:ぶち合わせ太鼓、車人形、南京玉すだれ、猿まわし、寿獅子

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190711183225j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190711183237j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190711183249j:plain

 

私達に求められるもの(夏の猿まわし&花こま公演)〔大阪府池田市〕

「お猿さん可愛かったよ!」「楽しかった!」「久しぶりに大声を出してしまいました!」「キレキレやったね!」「皆さん、本当に喜んでおられました!」どうにか、ちゃんと仕事ができた様です。施設では年間を通して、色んな行事を企画され、利用者の皆さんを飽きる事なく楽しませておられます。そんな絶えまない工夫と努力に頭が下がります。私達は、そのたくさんある行事の一つを任されている訳で、私達のこの公演で、思いっきり興奮し、笑い、感動し、声を上げ、心穏やかになって頂ければ幸いでございます。お部屋に帰られる一人一人の笑顔がとても素敵でした!どうぞ、暑い夏をお元気でお過ごし下さい!

演目:車人形、猿まわし、そーらん節

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190711174359j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190711174414j:plain

 

現代人のストレス?(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県宝塚市〕

お猿の鉄平君が親方の言う事を聞かず、反抗し、ハンカチや赤ちゃんを投げ捨てるシーンになると、いつも会場が湧き返ります!日々、職場や家族、学校などの日常生活で「やり切る事」や「ちゃんとする事」を求められ続けているからなのでしょうか?お爺ちゃん、お婆ちゃん、先生から子ども達に至るまで、年齢に関わらずすべての方が、そんな言う事を聞かない猿の姿に、共感しまくっています!私達は、そこまで日々無理をしているんでしょうか?「嫌な事は嫌だ!」と思いっきりへそを曲げて、物を投げつけ、反抗したいという潜在意識の表れでしょうか?今日笑われた皆さん!思い当たる節はありませんか!(笑)

演目:南京玉すだれ、猿まわし、車人形

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190710192315j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190710192333j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190710192348j:plain

 

ただ、僕は遊びたいのです!(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県加古川市〕

猿の場合、群れを一旦離れると、もう二度とその群れには戻れません。ましてや小猿に至っては死活問題です。お猿の鉄平君は、そのはぐれ小猿でした。そんな小猿を育て、芸を仕込み、お互いの生活に役立てるというのは非常に理にかなったものでした。それでも鉄平君にとっては、どうも楽しくは無いようです。ましてや、お客さんの前に出るという事が「意味不明?」の様です。お客さんの圧力に負けて、親方の指示を拒絶した時の仕草に、会場はどっと沸き返ります。今日は、あやさないといけない人形の赤ちゃんを、放り投げてしまった時の会場の沸き返り様と言ったら、決して子ども達の反応に負けていませんでした!

演目:水口囃子、寿獅子、秋田大黒舞、猿まわし、そーらん節

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190709191743j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190709191758j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190709191812j:plain

 

太鼓チームレッド発表会(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県姫路市〕

「子ども達の持てる力を引き出す」その成果を皆さんに見て頂く、そんなお披露目発表会を催しました。指導して下さった先生、日頃から付き合いのある「西脇和の風未来」の皆さんもお祝い演奏に駆けつけて下さいました。短期間の講習会だったのですが、色んなドラマがあり、紆余曲折もありましたが、練習より本番が一番良かったと思いました。人間誰しも、緊張感ある持続した集中はとても疲れるものですが、子ども達にとっても同じでしょう。でも、その緊張感ある持続した集中は、時には大きな感動を呼び起こすものだと証明してくれました。見事でした!お猿の親方大介さんも羨ましく感じたと本番で話されていました。そんな親方を信じてお猿の鉄平君も頑張ってね!

演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、猿まわし

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708190741j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708190755j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708190809j:plain

 

お父さんの雄姿に拍手(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県たつの市〕

先生方が準備しておられる進行表に目をやると、それは事細かく漏れの無いように、緻密に準備された見事な「夕涼み会」でした!いいものを、子ども達や保護者の皆さんと一緒に作りたいという思いに溢れていました。演目の途中、お父さんに「玉すだれ」を挑戦して頂きました。思わぬところで、羞恥心と闘うはめとなった訳です。それでも、可愛い子ども達のためです、そんな事などなんのその、恥ずかしながらも鶏の鳴き声を大声でやって頂きました!普段見せないお父さんの雄姿を会場の皆さんと楽しみました!可愛いお猿さんの演技に、皆さんかぶりつきながら、最後は花火大会もあり、楽しい七夕「夕涼み会」はお開きとなりました。

演目:寿獅子、南京玉すだれ、猿まわし

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708181143j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708181153j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708181208j:plain

 

時代の変化(夏の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県たつの市〕

行く先々で目にするものや、携帯電話など、何もかもが新しい時代感覚へと変化を遂げたように感じます。それでも、ふと「昭和」というタイムスリップした郷愁を覚える時があります。それが、今日の公演でした。映画に出て来そうなくらい、古い構えを今に残すお寺の佇まいや、園庭を覆いつくす古木の数々。いや、それだけではない気がします。園の先生方の姿勢?う~ん難しい。園児やその保護者の皆さん、園の先生だって若い方もおられます、でも子どもの頃に感じたその感覚に似たものを感じました。そこは伝統芸能にはとても良く似合う雰囲気でした。「犬の遠吠え」にならない様に、時代に合うような質に、私達が変化していくべきなのでしょうか?

演目:水口囃子、寿獅子、秋田大黒舞、猿まわし、そーらん節

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708170922j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708170935j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20190708170946j:plain