伝統芸能を携えて全国各地を巡る旅日記

伝統芸能を上演する民族歌舞団「花こま」の活動をお知らせいたします!

つぶされそうなくらいの期待の大きさ(福島県郡山市)

東日本大震災から7年が経ちました。私達にできる事は、未曽有の被災を経験した皆さまを忘れず、通い続ける事かなと思い、福島県の知り合いを尋ね続けて6年目となります。今年も可能な限り公演させて頂きます。さて、今日は、デーサービスの皆さんを尋ねました。3年前にも伺ったところですが、利用者、職員の方も大幅に変わられ、初めての方もおられたのですが、歓迎の仕方が尋常じゃない!期待の大きさにつぶれそうなくらいの熱烈歓迎ぶりでした。公演中、お花が飛んで来るは、飛んで来るは、人形で会場を回ると、お金を模した首飾りを掛けて下さり、まるで健康ランド出演の、旅の一座の様でした。拍手拍手、掛け声で、興奮収まらぬ時間を過ごしました。

演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、車人形

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180817180523j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180817180534j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180817180543j:plain

こんなにも感激して下さるなんて(北海道足寄町)

私達が、姫路からやって来るという事で、利用者の皆さんはこの日のために、姫路城の手作りタペストリーを作って、私達を歓迎してくれました。「今年入所した者です、本当に楽しい公演ありがとうございました~...(涙)」「来年も来て下さい~...(涙)」「無くした子どもを思い出しました~...(涙)」「こんなに楽しい公演初めてです!来年も是非来て下さい!」本当に嬉しい、嬉しい感想を、公演後、お部屋に帰られる皆さんが、通りすがりに声を掛けて下さいました。

演目:八丈島太鼓、秋田大黒舞、寿獅子、花田の子守唄、車人形

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180811194003j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180811194029j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180811194040j:plain

ひなたぼっこ夏祭り(大樹町)

「やっと過ごしやすくなりましたね!」と職員の方のコメント。秋風の...いやいや、先日までのあの暑さはどこに行ったんでしょう?私達の処では、稲刈りがすっかり終わり、赤とんぼもまばらになったぐらいの肌寒さ。それが、北海道の皆さんの夏なのです!今年も集まって下さいました!町の運営するデイサービスの皆さんも、近所の保育園児の皆さんも、道路を行き交う方々も。「今日はお祭り?」。にぎやかに、思いっきり楽しく、投げ銭が飛び交い、貴重な、貴重な、夏のお祭りを一緒に作らせて頂きました!また、元気にお会いしましょうね!

演目:車人形、南京玉すだれ、寿獅子、もちつきばやし

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180810100515j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180810100528j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180810100542j:plain

花ぬ美(ちゅら)さがご縁となって(山形)

とある蕎麦会に出演させて頂きました。毎月1回、色んな蕎麦屋を訪ね、食べ歩くという会です。沖縄県伊江村で初めて出会った劇作家の方の出身地が山形という事で、北海道に向かう道すがら、何かお役に立てる事はありませんか?という話から、今回につながりました。伊江島反戦地主阿波根昌鴻さんを主人公にしたした「花ぬ美(ちゅら)さ」という作品の制作、脚本、演出をされ、今回蕎麦会の冒頭に、どのようにしてこの劇が製作されて行ったのか、その製作ドキュメンタリー映画を皆さんと一緒に鑑賞させて頂きながらの公演でした。初めてお会いする皆さんへのご挨拶と、暑さに負けないように獅子舞で無病息災をお祈りさせて頂きました。

演目:水口囃子、寿獅子

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180729214232j:plain

滞りなく大盛況の中終了!(夏の猿まわし&花こま公演から)

3世代が語り合える、地域が違っても語り合える、そんなコミュニティーを目指して自主的に始まった「月いちカフェ」。手作りのケーキとお茶、この日はステーキ肉、焼きそば、かき氷、綿あめのお店も並びました。店内には、手作りグッズも所狭しと並んでいます。猿まわしがやって来るとあって、聞きつけたお客さんが炎天下駆けつけて下さいました。舞台では、4回の上演時間があり、お客さんを楽しませました。心配していた熱中症で倒れる方もなく、無時、無時、今年も終える事ができました!

演目:八丈島太鼓、寿獅子、猿まわし、車人形、秋田大黒舞、南京玉すだれ、水口囃子などの組み合わせで4回上演

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180728075401j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180728075418j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180728075427j:plain

神様じゃなく仏様?(夏の猿まわし&花こま公演から)

施設によって雰囲気が変わります。こちらの施設、利用者の皆さんが、まるで仏様の様です。生きておられるのに、まったくもって失礼な話なのですが、ほかの施設と何ら変わりないのに、こちらに伺うと、ふと、そんな気分にさせられます。本当に喜んで下さっているのですが、こちらがかえって、皆さんからエネルギーを頂くというか、心が豊かになったような気分になります。公演後「ありがとうね!また来年ね!」とお部屋に帰る道すがら、ひとりひとりが声を掛けて下さいました!

演目:水口囃子、寿獅子、猿まわし、車人形

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180727123518j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180727123538j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180727123608j:plain

心の片隅にあったそんな思いをついに実現!(夏の猿まわし&花こま公演から)

生まれて初めて猿まわしを見る事ができる!そんなささやかな心震える期待のもとに、今回の行事が企画されました。そのきっかけとなったのは、1枚のチラシからでした。普段では、見たいと思っても、どこに連絡したらいいのだろうか?お金がかかるんだろうか?という思いだけで終わってしまいます。ま~、コンビニや、スーパーで商品を買うのとは勝手が違います。今回の公演実現で、私達ももっと宣伝する工夫がいるんだと思いました。親子を中心とした観客の中、職員の方にも公演を盛り上げて頂くために、一役買って頂きました。

演目:南京玉すだれ、猿まわし

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180725090742j:plain

色々あっていいですよ(夏の猿まわし&花こま公演から)

長年公演を重ねると各公演先で色んなスタイルが生まれます。こちらでは、今年の新任先生が芸能に挑戦するようになっていて、猿まわしの時に玉すだれで園児の洗礼を受けます。そんな先生の不安をよそに、園児はと言えばそれは大喜び!やんややんやの盛り上がり!その流れで、可愛い猿まわしも大喜び!なのに、なのに、何で獅子舞の時には、どうしてこんなにも怖がるの?もう長年やり続けてきたのに?最低3年は見続けてる園児はいる筈です。それなのに、それなのに、それがこちらのスタイルなのでしょうか?

演目:水口囃子、南京玉すだれ、そーらん節、猿まわし、寿獅子

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180724074630j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180724074637j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180724074646j:plain

願いや思いは必ず伝わる(夏の猿まわし&花こま公演から)

恒例となった先生方の太鼓演奏、今年も練習の成果が楽しみです。本番前のひと時、事前に集まっての練習を伺っていると、楽しく演奏したいという気持ちと、どこからともなくやって来る不安が入り混じっている様でした。そんな中、何としてもいい演奏をしたいと張り切る先生方のその思いは、私達や、お猿さんにも伝わり、適度な緊張感のある、とても気持ちのいい公演につながりました。公演の一番最後、園児が獅子に頭を噛んで貰う時も、何とも言えない達成感が会場中に溢れていました。

演目:ぶち合わせ太鼓、秋田大黒舞、猿まわし、水口囃子、寿獅子

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180723130347j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180723130356j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180723130405j:plain

段どり9割、本番1割?(夏の猿まわし&花こま公演から)

保育園というのは、朝の送り迎えで混雑する時間帯があり、それを避けるために私達の車は園庭に入れる事になりました。途中の道が狭く、何回も何回も切り返し、やっとの事で園庭に入れる事ができました。お猿さんは、動く物に興味を持ったり怖がったりするので、急遽エアコンの下に付いていた扇風機のようなファンを外しました。準備のため子ども達のお部屋と隔てていた隔離壁を先生方と一緒にしまいました。そんな朝から色んな準備を重ねた結果、先生方共々満足できる公演をつくる事ができました(嬉)。

演目:水口囃子、南京玉すだれ、車人形、猿まわし、寿獅子

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180722090544j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20180722090558j:plain