読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝統芸能を携えて全国各地を巡る旅日記

伝統芸能を上演する民族歌舞団「花こま」の活動をお知らせいたします!

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20150616191238j:plain

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20150616191252j:plain

今日は、女子学校での初めての公演でした。
小学生・中学生・高校生の皆さんが勉強されている、とても広く大きい学校なので中に入りびっくりしました。
校内には公共施設顔負けの見事なホールがあり、今日はそこで、小学生の皆さんに見て頂きました。
女性ばかりというという事もあって、どのような反応になるのかなと思っていましたら、
何の何の、ひとつひとつの演奏後にはこれでもかと思う位の大きな拍手を下さり、
獅子舞では「私も噛んで、私も噛んで」と会場を廻る獅子を取り囲み、黒山の人だかりとなりました。
日頃の演奏会でもこういう事は無いそうで、先生も初めて見る生徒達の様子に驚いておられました。
花こまの演技ひとつひとつに反応して下さり、
一見おとなしそうな皆さんでしたが、ひとりひとりに溢れるパワーを感じさせて頂きました。
お猿の演技の一つ一つにも大きな歓声が沸き上がり、黄色い歓声が飛び交う猿まわし公演となりました。
公演後、客席でメモを取っていた6年生の代表が感想を丁寧にお話し下さり、
おまけに花束まで頂き、心を尽くして私達を迎えて頂きました。
ホールの裏側は高校生の教室でした。
片付けた荷物を台車で運び出していると、
「猿を見たかったな~!」と、こちらに届かせたいのか、独り言なのか、
ちょとうらめしそうなニュアンスで何とも言えない中途半端な言い方に、
「分かるで、見たかったんやな!」とこちらも理解を示しつつ、
何とも言えない気持ちで、皆さんを後にしました。ゴメンね。
玉すだれに挑戦した生徒の皆さんがわざわざお礼にやって来てくれ、
私達の車を見送ってくれました!女子学校初体験、大成功!
今日の演目:水口囃子、寿獅子、そーらん節、猿まわし鉄平、南京玉すだれ、猿まわし一平