読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝統芸能を携えて全国各地を巡る旅日記

伝統芸能を上演する民族歌舞団「花こま」の活動をお知らせいたします!

まるで関心を示さず、それまでブランコで遊んでいた女の子達が、我も我もと猿の下へ!

f:id:MinzokukabudanHanakoma:20141103145909p:plain

http://hanakoma1987.jimdo.com

園庭が手狭まなため、近くの公園を利用しての公演が催されます。
毎年の事ですが、保育園児だけでなく、一般の方も自由に参加できます。
帰宅後、公演に遊びに来た子ども達、犬の散歩をさせている方、子育て談義に花を咲かせている子連れのお母さん達、
ベンチでくつろいで新聞を読んでいる方、孫を連れて遊びに来たお爺ちゃん、お稽古帰りの和装のご婦人、今年は外人の方も見かけました。
偶然にも、この時間に、この公園に居た人々がお客さんとなって公演が始まりました。
もう何年もこの公園で猿まわしを続けて来たためか、
開始時間になると、主催の保育園児を中心に、舞台を囲む綺麗な半円の客席がスムーズに出来上がります。
獅子で頭をかんでもらう事も浸透してきていて、子ども達から大人まで大人気です。
泣き叫ぶ小さい園児にも、獅子舞で大人の愛情を注ぎます!
猿が登場すると、まるで関心を示さず、それまでブランコで遊んでいた女の子達が、
嘘のように、我も我もと猿の下へと必死に駆けて行きました。
駆け出し芸猿鉄平君、今年は今までとは打って変わって、
八の字歩行をこなし、椅子に座ってお客さんを見ているではありませんか!
芸の積み重ね、今季の大きな成果です!
最後は、真打芸猿一平君の演技に、観客から大きな拍手が送られていました!
夕暮れが早まり、ビルの陰が会場に長く伸びる頃、
一平君によるアンコールも終わり、公演は無事終了しました!
皆さん、来年までどうぞお元気で!
 
今日の演目:猿まわし鉄平、寿獅子、猿まわし一平